white審美・ホワイトニング

白くて美しい歯にしませんか?

白く美しい歯は笑顔を引き立て、初めて会う方の第一印象を左右します。前に虫歯治療したときに入れた銀歯が気になる方、年齢とともに歯が黄ばんできて笑顔に自信がなくなってきた方は、一度、「やなぎさわ歯科イオン板橋SCクリニック」にご相談ください。銀歯は白いセラミックの人工歯に替えることができます。そして黄ばんでしまった天然歯はホワイトニングで白くできるかもしれません。

セラミック素材でつくる
~審美歯科~

見た目が悪いだけではありません~銀歯に潜むデメリット~

見た目が悪いだけではありません~銀歯に潜むデメリット~

保険診療の虫歯治療では銀歯を使用することがあります。治療費を一部負担するだけなので比較的安価に、そして比較的短期間で歯の機能回復ができますが、白い歯とは異なるので黒ずんで見えて目立ちます。しかし銀歯のデメリットはそれだけではありません

虫歯のリスク

虫歯のリスク

金属を歯につけるために歯科セメントを使いますが、時間が経つとセメントが溶け出し、歯と銀歯の間にすき間ができます。そこに汚れが入り込み、銀歯の下に虫歯ができてしまうことがあるのです。そうすると再治療が必要になり、さらに歯を削らなければならなくなります。

金属アレルギーの心配

金属アレルギーの心配

お口の中に金属があると、時間の経過とともに金属がイオン化して溶け出し、やがて体内に吸収されます。すると金属アレルギーを起こす可能性があるのです。原因不明の皮膚のかゆみやかぶれはお口の中の金属が引き起こしているかもしれません。

歯が壊れるリスク

歯が壊れるリスク

金属は天然歯にくらべて硬いので、噛み合う歯を傷つけることがあります。強く噛むことで歯が割れてしまうと、抜歯を余儀なくされます。

見た目も素材も安心です~セラミックの優れているポイント~

見た目も素材も安心です~セラミックの優れているポイント~

白くて美しい

セラミックは天然歯に似た透明感や白さがあるので、お口の中で違和感がなく自然に見えます。きれいな形につくれるので色も形も美しく、笑顔に自信が持てます。

金属アレルギーの心配がない

セラミックは生体親和性が高く、溶け出すこともないので、金属のようなアレルギーの心配がありません。

歯ぐきが黒ずまない

金属を使用すると時間とともに歯ぐきが黒ずんでしまうことがあります。金属不使用のセラミックで人工歯をつくると歯ぐきが黒ずむ心配もありません。

審美素材を使ったメニュー
e-max

e-max

e-maxは歯科に特化したセラミック素材です。詰めものや被せものに加工します。天然歯に似た色調で、さらに天然歯に近い強度と質感があるので、見た目が美しいだけでなく噛み合う歯を傷つけにくいのが特徴です。

ジルコニアボンドセラミック

ジルコニアボンド

人工ダイヤモンドともいわれ、金属のような強度がある素材のジルコニアをフレームとし、その上にセラミックパウダーを吹き付けます。天然歯に近い透明感と質感が特徴です。

フルジルコニア

フルジルコニア

ジルコニアのみでつくる被せものです。噛む力が強い奥歯にも使用できます。透明感はセラミックを焼きつけてつくるジルコニアボンドには劣りますが、高い耐久性が特徴です。

天然歯を白くする
~ホワイトニング~

歯は加齢とともに着色していきます。それは、毎日口にする色の濃い飲食物によって色素沈着を起こすのが原因の一つです。歯の色素沈着は歯科医院でおこなう特殊な歯のクリーニングである程度きれいになりますが、さらに白くしたい方におすすめなのがホワイトニングです。薬剤を使って歯を漂白するので、歯を削らずに白くできます。

天然歯を白くする~ホワイトニング~

ホワイトニングには2種類あります。それはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングです。

歯にやさしいオフィスホワイトニング

歯科医院でおこなうホワイトニングです。まず歯のクリーニングをおこなったあと、歯面にホワイトニング剤を塗布してから特殊な光を当てて歯が白くなる作用を促進させます。1回の施術で白さを実感できるのが特徴です。ただ色が戻りやすいのがデメリットです。

手軽にできるホームホワイトニング

まずお口に合うマウスピースを作製します。そこにご自宅でホワイトニング剤を注入して一定時間装着していただくのがホームホワイトニングです。お好きな時間にリラックスしながら施術できますが、効果を実感できるまではある程度の期間がかかります。じっくり白くするので白さが長もちするのがメリットです。

どちらのホワイトニングにも特徴があり、効果には個人差があります。詳しくはお気軽に「やなぎさわ歯科イオン板橋SCクリニック」にご相談ください。